ホーム > 事例一覧 > 抗凝固薬に関する分析+調査

2022.04.06

抗凝固薬に関する分析+調査

抗凝固薬は脳梗塞、狭心症、心筋梗塞をはじめ幅広い疾患に処方されており、新規の薬剤を上市するにあたっては、治験のための条件がひとつの課題となります。本件では、MHPが有する幅広い疾患の情報を生かし、まずは抗凝固薬を処方されている患者さんの属性情報の把握と、その患者さんたちのアドヒアランスの状況の把握を行いました。さらに、データベースにない情報に関しては、登録されている患者さんのみに追跡調査を行い、入院の有無・回収や現在の入通院状況などの情報を補完しました。

目的

抗凝固薬領域における患者さんの実態を把握し、治験の条件の策定に資する情報を得ること

実施方法

MHPデータベース分析+Webアンケートによる追跡調査

結果(一部)

抗凝固薬を処方されている患者さんの性別・年代といった属性情報およびアドヒアランスの状況を確認
さらに、入院の状況や通院頻度などを追加調査で確認

業務範囲

MHP分析:データ抽出~ローデータ・集計表作成~報告書作成
追加調査: 調査票作成~データ収集~ローデータ・集計表作成~報告書作成

関連カテゴリ

ご相談やご依頼、および資料請求についてはこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ
LOGO

〒163-1424 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F

TEL : 03-6859-2295 FAX : 03-6745-1168