This website uses third-party profiling cookies. If you would like to refuse your consent to all or some of the cookies, please select DO NOT ACCEPT. By selecting "ACCEPT", you agree to the use of the cookies.

株式会社クロス・マーケティンググループ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:五十嵐幹、東証一部3675)のグループ会社である株式会社メディリード (本社:東京都新宿区、代表取締役社長:亀井晋、以下当社)は、2018年調査に引き続き全国の男女を対象に「Medilead Healthcare Panel(以下「MHP」)構築調査」を実施し、一般生活者約34万人の疾患情報パネルを更新しました。本パネルは直近一年以内に入通院歴のある方約13万人、同期間に入通院歴のない方約20万人で構成されており、アンケートパネルとして利用できるだけでなく、インサイト獲得を目的としたコホート研究(集団の追跡)などの縦断研究における分析にも十分に耐えうる疾患情報パネルとして、国内最大規模となります。また、2018年に引き続き回答を得られた方は約14万人であり、この14万人については2018年との比較が可能です。

MHPは、国内最大規模の疾患に関するアンケートデータであり、(1)一般生活者の疾患情報に関する大規模調査、(2)何らかの症状・疾患で入通院中の方の主疾患に関する深掘り調査(追跡調査)から構成されています。回答者への追跡調査は、より深いインサイトの獲得を可能にします。また、電子カルテ情報やレセプトデータなどの大規模データベースには含まれないデータも多く、ヘルスリテラシー(健康や医療に関する情報を入手・理解・評価・活用するための能力)向上の意義など、社会的に重要な意味を持つ分析も可能です。
2019年より、100を超える症状・疾患を調査に追加し、より幅広い領域でご活用いただけるようになりました。

また、同年調査より研究倫理審査委員会(以下「IRB」)の審査も通し、疫学的研究の資料としても利用していただきやすくなりました。

詳細ページはこちらから